INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホさんの筐体USBへの道

突然ですが、

スマートフォンでDDR EDITライブラリをX筐体に読み込ませて認識させたい!!

そんな欲求に駆られたのであります。

こいつのメリットは主に…
○どのタイミングでもライブラリファイルを差し替え可能(プレイ交代の合間にでも)
○自分がゲーセンに居る時に他の人がライブラリをアップロードしてもその場でリアルタイムに遊べる
○USBメモリは1個でいい

上記が実現し、かつ普及できればEDITor専用のアプリとかも作っちゃったりなんかして。
なんかワクワクしてきたのは言うまでもありません。

もちろんデメリットもあります。
それは今回の実験談のあとで。

まず、スマートフォンを直接筐体に繋げて認識させる方法。
これは過去にREGZA Phone(docomo T-01C)でやりましたが、
認識はうんともすんとも言わないで失敗に終わっています。
今のAndoridで認識できた例は聞いたことがないです。成功例があれば教えてください。

スマートフォンで直接繋げられないなら、
スマートフォンにUSBメモリを接続してライブラリをUSBメモリに転送すればいいじゃん!!
この方法にいたるまでのプロセスが実にアホで笑えない内容でした。
PC接続用ケーブルを変換コネクタでオス→メスに変えて、メスにUSBメモリを繋げるという単純な頭。
コネクタがぴったり合えば認識するんじゃない?といった軽率な考えが、
私の財布から野口さんを奪っていきました。
何せ線が繋がっていればデータ転送できる、そう思っていたわけですから。
現実はそんなに甘くありません。

左:スマホ用PC接続ケーブル、真ん中:変換コネクタ(USB Aメス-USB Aメス)、右:USBメモリ。REGZA Phoneは何も反応してくれません。
↑悪い接続例の図。
左:スマホ用PC接続ケーブル、真ん中:変換コネクタ(USB Aメス-USB Aメス)、右:USBメモリ。
REGZA Phoneは何も反応してくれません。


そして「USBホスト機能」という存在を知らないという最大の失態。
つまりこの機能がなければどんなに正しい接続でも認識してくれません。
REGZA Phone T-01Cには「USBホスト機能」がありますが、
他のスマートフォンに搭載されているかどうかは不明。
ある意味マニアックな機能なのかもしれないですね。EDITorがマニアックかどうかは別として。
最初から「周辺機器USB接続アダプタT01」を買っておくんだった…
マウントすらできないんですから。
Windowsに飼いならされるとこういう人間になるという、良い見本です。

デメリットまとめ。
△スマートフォンで直接筐体に繋げて認識させるのはほぼ無理。
△スマートフォン経由でUSBメモリにデータ転送するには「USBホスト機能」が必要。
△すべてのスマートフォンが「USBホスト機能」をサポートしているわけでないので、
 できる・できないに二分する。
△そもそも時代は無線LANなのにまたケーブル買うのか!?
△ファイルの差し替えとかが結構手間。素人にはお薦め出来ない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

しいこ

Author:しいこ
【性別】

【年齢】
いい歳。訊かれていい気分にはなりません。
【最近の趣味】
 ・Steamでディスカバリーキューを見ること
 ・お酒(日本酒)
 ・ラーメン(そろそろ卒業見込み)
【最近プレイしたゲーム】
 ・GIGA WRECKER
 ・Ghost 1.0
 ・Shantae: Half-Genie Hero
 ・Shantae and the Pirate's Curse
 ・CROSS×BEATS(iOS版のみ)
 ・ACE COMBAT(5/ZERO)
【最近の私】
 ・妙に落ち着いててやる気出ない人
 ・少なくとも、今年発売予定のACE COMBAT 7プレイして敵に撃墜されるまでは死にません

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。