INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささいなことも恐怖になりうる

友人とお酒を飲みました。
やっぱり友人と飲むと気が休まります。お互いの気を許せるというか。

家に帰り、床に就いたしばらくの後に緊急地震速報がなりました。
揺れがいくら待っても来ないので、気にせずに寝てました。
そしていつの間にか夢の中へ。

夢では、過去に自分が見たような冬の寒い光景が出てきました。
寒い夜の中で灯る石油ストーブと、その給油缶。
テレビに流れる『石油は大切に使いましょう』という古めかしいCM。
いつ消えるのか気になって解けない緊張。
どこかしら今の状況と被る空気。

目が覚めたら、真っ暗。何の音も聞こえない静寂。身体があちこち痛い。
そして机の上に目をやると何故かライトがつきっぱなしになっているスマートフォン。

たったこれだけの事ですが、はっきり言って怖かったです。
本当に時間が止まったのかと思いました。
ライトを付けて、部屋の時計が動いていること、ラジオが聴けることを確認して、
ようやく気を取り戻しました。

なぜ怖いと思ったか…
スマートフォンのライトが付きっぱなし(普段では有り得ない)状態だったこと。
普段では有り得ない、つまり未知の出来事が起こったこと、
寝ぼけた頭ではすぐに理解できない事態に恐怖感を覚えたわけです。
それに「何の音も聞こえない」「暗闇で何も見えない」「身体中が痛い」
という不安要素が手伝って、その恐怖感が増幅されました。

いまこうして心境を書いているのも、少し自分自身を落ち着けるためです。
書かないと時間が止まったままじゃないかと思えて仕方がない。

これから朝までラジオをかけながらもう一眠りします。
では。

コメント

非公開コメント

プロフィール

しいこ

Author:しいこ
【性別】

【年齢】
いい歳。訊かれていい気分にはなりません。
【最近の趣味】
 ・Steamでディスカバリーキューを見ること
 ・お酒(日本酒)
 ・ラーメン(そろそろ卒業見込み)
【最近プレイしたゲーム】
 ・GIGA WRECKER
 ・Ghost 1.0
 ・Shantae: Half-Genie Hero
 ・Shantae and the Pirate's Curse
 ・CROSS×BEATS(iOS版のみ)
 ・ACE COMBAT(5/ZERO)
【最近の私】
 ・妙に落ち着いててやる気出ない人
 ・少なくとも、今年発売予定のACE COMBAT 7プレイして敵に撃墜されるまでは死にません

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。